このサイトについて

こんにちは。nipuriと申します。いっちょ前に自己紹介させて頂きます。

35歳の技術系会社員。2娘の父で今は広州に家族で駐在しています。

一応1部上場の企業でニュースにも最近は出たりする会社+海外駐在もしているので年収もそこそこ。初の海外駐在で怖かったですが、瞑想と筋トレという精神安定のツールを手に入れてからは、安定に健やかに暮らしています。家族も仲良し。最近の趣味は筋トレと読書です。

普通なんですよ

・・・なんにも面白くないっしょ。だって、社畜だった過去もないし、億万長者でもないし。西村とおるみたいに前科7犯、借金50億もない。そんな目立ったエピソードあったら今頃は有名人だわ。

僕はいたって普通なんです。今までも、多分これからも。

僕は普通に小中高と公立校行って、人並みに努力してMARCHの大学入って。就活もちょうど氷河期終わりで結果的に上手くいって一部上場企業に就職。会社ではそれなりに評価してもらい、海外駐在でそれなりに仕事しています。

何も人生脅かすエピソードや、大きな成功体験は有りません。でも順調に人生過ごしてきました。節目節目の運が少し人よりあるかなぁ、というだけ。

大学でプライド切り刻まれる

でも常になんか自分には足りない感じがずっとある。それを強く感じたのは大学のとき。

大学では中二病こじらせてバンドにハマって。20歳前くらいの男子で良くあるやつです。ストイックなふりしてるんだけど自分は努力の仕方も知らず、自分の人間力は全く上がらない。そのくせプライドが高くて周りがバカに見える。質の悪いやつです。バンドは楽しかったけどね。

それで就活いざ始まると、周りが凄いのが徐々にわかってくる。面接で一緒になった人は上手く喋れるし、大学同期は常識人だからSPIなんか簡単にこなす。バンバン就職決めていくわけ。かたや私は全然就職決まらず。マリーアントワネットがなにした人か即答できずに妻をドン引きさせるような超無常識人というのもあるけど。でも相談なんかしない。プライド高いし、就職しなくてもバンドやれば良いと思っているから。今考えるとかなりのクズ。

思い返すと、私はそもそも社会の仕組みが良く分かってなかった。また周りがどんな状況でどんなレベルの人が居るかなんて分かってなかった。どうにか無理やり就職は決まって少し落ち着くんだけど、そのあとに同期とまともに会話してみるとまぁ面白くて賢いんですよ。軽音楽サークルに入っていたんだけど周りは凄い人らで囲まれてたの気づかなかっただけだった。思い込みでバカにしてまともに付き合ってこなかったのが原因。

衝撃でしたね。同期に差を付けられているのもそうだけど、こんなに自分の実力が分かっていなかったのかと。なかなかの挫折感でした。それまでも何か足りない感じが続いていたけど、さらに明確な劣等感が上乗せされてしまった。

仕事・結婚で出来ないことだらけ

会社に就職しました。理系だったので技術系です。

常識なし、人当たり悪し、バイトもまともなことやってこなかったこともあって会社入ってから結構苦労した。

多分技術系以外の職だったら私はまともに勤まってない。考えるだけでも恐ろしいです。

  • 電話に出れない。出方が分からず、怖い。新人だから出ろや!って怒られる。
  • 組織の仕組みが分かっておらず、同期を無駄にフォローして残業して怒られる。
  • 言われたことがいまいち理解できない。怒られる。

ブラック部署に配属されて教育システムが確立されてなかったこともあって、配属一年間は試験済商品の廃棄作業ばかりやってた記憶しかありません。そのくせ土日どちらかは出勤。自分の時間なんてもちろん取れない。全く面白くないし辛かったです。

ただし同じ部署に配属された同期が僕よりクズだったということで、相対的に評価がそこそこ得られるという良く分からない運を発揮。また徐々に仕事の仕組みが分かってくることで、2年目から急激に要領を掴んでいきます。

その後、社会人4年目で結婚します。

私、実は妻以外は女性経験ないんです。ルックスはそこそこなんですが、如何せん積極性がなく軽い対人恐怖症でることも相まってモテなかった。初の彼女で付き合って1年以内に結婚。

女性との付き合い方が分からず、しんどい思いをします。

特に嫁姑問題。結婚してから5年間くらい全く結婚生活面白くなかった。自分の対応が悪いわけなんですけど。離婚の危機が10回くらいあった気がします。うちの親もクレイジーだったので、今は嫁とは絶縁してもらっています。

ただし嫁の性格が親のせいで若干歪まされてたことに、私との対話を通して妻が徐々に気づくという微妙なラッキーを得て、家族は今とても仲がいい。妻も今が一番優しいというミラクル。ここでも微妙な運を発揮。

不安の靄がかかっていた

私は19歳くらいから、精神的なしんどさが続いていていた気がします。ことあるごとに強い不安感に襲われる。人から傷つくこと言われたらどうしよう、とか待合せ前でも妄想してしまう。ドタキャンしたことも何度も有ります。

仕事面ではプレゼ、報告、クレーム。毎日毎日不安感があって。長期連休でも仕事が不安で頭から離れない。どうしようどうしようって、常に考えてた。電話して相談したらいいんですけどね。それも怒られるのが怖いからできなかった。

不安感が最大になったのは海外出張が決まった時です。周りはみんな英語できるんですけど、私はToeic250点という超劣等生。そのなかでヨーロッパに2ヶ月行け、という指令がありました。あの時は夜も眠れず。死ぬ思いでした。どうにか力業でこなしましたが。

不安を常に感じていた影響か耐性だけは高く、病気になる事はなかったですが、常に仕事が頭から離れず、仕事は楽しいと思ったことはなかったです。

色々あったけど、手段を手に入れれば何とかなる

色々ありましたけど、今は楽しく過ごせています。

最近は人生をコントロールできている感が強い。今までは自分の意思もなく、意思を決定する心の余裕もなく、問題解決の手段も知らずに勝手に自分の人生が進んでいた気がします。

その大きな原因は心が不安定だったことだと思います。

人の幸せって、自分の気持ち次第です。自分が幸せだと思えば幸せになる。

お金や愛情や権力は、要素であって幸せを決定付けるものではないですよね。権力者や富豪が自殺する例がたくさんある。幸せだと感じたい心を、邪魔するものを取り除くことが幸せへの近道になる。

もちろん私も完全に幸せでは無いです。腹立つことも有れば、クソみたいな仕事やってるときはストレスまみれです。これは生きていく上では仕方のない事。

但し心を邪魔するもの自体に対峙して取り組んで解決すること以外にも、さまざまな手段が有ります。

瞑想、運動、筋トレ、睡眠、入浴、食べ物、レジャー、資産運用、副業、趣味、スケジューリング法、、、

別の側面から幸福感を高める手段がたくさんあるんです。

皆が楽になったらいいなと思ってブログを始める

それらの手段に対する自分なりの過去の経験、また新しい事を試行して、結果を発信して少しでもみんなの生活に貢献できればいいなぁと思っています。

大それたこと書きましたけど、ブログを書き始めたのは単純に「これやるとすげー楽だし、お得。苦しんでないではやくやってみなよ。」って言う事ブログで言いたいんです。私も長い事苦しいのが続いていたので。少しの行動で解決するのに、そんな単純なことで苦しむ必要はない。その気づきになればいいなと。

また現在は情報過多で、情報を調べるばかりで私自身の血肉になっていない時間が長かった。能力が無いのもあるんですが。散らかった情報を片付けてアウトプットすることで、私自身の向上になればいいなと。ブログの名前の由来であり、目的の一つになっています。

ブログも僕にとって人生コントロールできてる感を得るための一つの手段です。訪問してくれたら喜ぶので、これからも少しだけ覗いてみてね。

 

ではまた。