寝る時はパンツを履かないことのすゝめ【ノーパン睡眠】

睡眠中にムレや衣服の締め付けなど体の不快感によって、夜中に目が覚めてしまう事はないですか?

特に下着でのムレです。私は汗っかきなので、夜中に起きてしまうことが頻繁にありました。

良い睡眠が取れないので、思い切ってパンツをはかないで寝ることを決意。

かれこれ2年間、パジャマの下はパンツをはかないで寝ています。

ノーパン睡眠にはメリットしかなくて、もはやパンツはいて寝る生活には戻れません。

衛生面や体の冷えが気になって、ノーパン睡眠に抵抗がある方もいると思いますが、そのへんも解説していきたいと思います。

じじょ

おっさんのノーパンの話って誰得?

nipuri

うるさい。メリットしかないって言ってるんだから黙って聞け。

寝る時はパンツを履かないことのすゝめ【ノーパン睡眠】

2年間続けてきた私のノーパン睡眠生活。

その中で得られたメリットを挙げていきます。

睡眠の質が上がる

パンツをはかないことでムレや体の締め付けがなくなるので、睡眠の不快感で起きてしまう事が劇的に減りました。

また入眠時も体の違和感が気になって、眠りにつけないということも無くなりました。

着る寝間着によりますけど、パンツはかないとむしろ開放感があって気持ちいい。

ノーパン睡眠を始めた直後は、パンツはかないでパジャマ着るのが気持ち良すぎるから楽しみで仕方なかった時期があるくらい。

体の不快感が取り除かれることで睡眠も深くなって、睡眠の質が上がった感じがあります。

冷え性が改善された

ノーパン睡眠を始めてから、冷え性が改善されました。

冬は手袋が欠かせない、つま先は常に冷えてるような中年男性にしては酷い冷え性でした。夏過ぎると室内でもだいたい靴下履いてました。

そんな冷え性エキスパートの私ですが、ノーパン睡眠始めてから手足が冷えづらくなりました。

特にひどかった足のつま先の冷えの改善が顕著でしたね。冬に外出しても、足のつま先に不快感を感じることがないくらいまで改善しました。

精力が戻った

30半ばなので、朝起ちしない日も出てくるわけですよ。

ノーパン睡眠始めてから、そんな失意の中起きることは無くなりました。ほぼ毎日朝起ち。

まあ朝なんで迷惑ですけどね。。。

でも男としては自信が戻るので、嬉しいメリットです。

ノーパン睡眠でメリットが得られる理由

ノーパン睡眠でメリットが得られる理由としては、やはり体の締め付けと温度が大きいようです。

リンパと血液の流れを促す

股関節は太い血管とリンパが集まっています。そこが締め付けられてしまうと、血流が悪くなって冷え性や精力低下につながる。

外の気温によって、血管を細くしたり太くしたりして体温を調整しています。だから衣服の締め付けなどで血液の流れを滞らせると、体温調整がしにくくなる。

またリンパ液は老廃物を回収する役割をしているようです。

ノーパン睡眠で睡眠の質が上がったのは、締め付けがなくなって流れがスムーズになったリンパ液によって疲労回復が促されたのかもれませんね。

締め付けと熱が精力を下げる

精巣は熱に弱いようです。

温度が高くなると精子を製造する数が減ったり、精子の運動が低下するとのこと。

また圧迫にも弱いです。衣服で股間を締め付けると、活性酸素が溜まって精子を傷つけたりします。

パンツをはくことで締め付けはもちろん、パジャマ+パンツで厚着状態となって温度が上がってしまいますので、気づかずに体に悪い影響を与えているわけです。

ちょうじょ

外出するわけでもないのに、パンツ履く意味ってあまり無いのかもしれないねぇ。

ノーパン睡眠のデメリットはほぼなし

ノーパン睡眠でのデメリットってほぼ無いと思います。

ノーパン睡眠に抵抗がある人がよく挙げるデメリットについて解説。

体の冷え

股間の温度を上げるのは、むしろ悪影響になるのは分かりましたよね。

パンツをはかなければ血液循環を妨げないので、体温調節が効く方向になります。

だからパンツで冷えを防止しようとするのは、そもそも間違い。

冷えが気になるなら、腰やお腹を温める為に腹巻を活用したほうが理にかなっているでしょう。

衛生面は逆に良い

また、良く指摘される衛生面ですけど盛大におもらしでもしない限り、パンツ履こうと履くまいと寝具は汚れません。

汗の影響も挙げられますけど、全裸ではないので、汗が寝具に付着するのはパジャマによって防げます。

むしろ股間より体の方がよく汗をかきますしね。

またパンツ履かなかったら、パジャマは毎日洗いますよね。

でも寝ているときに履ていたパンツ洗いますか?私は洗わないで、そのまま私服に着替えます。

お風呂から上がってパンツはいて次の日お風呂に入るまでパンツ替えない方が、衛生面では不利。

寝る前に新しいパジャマを着る、起きた後は新しいパンツを履く方が衛生的には有利だと思います。

つま

ただし女の人は月経があるので、その時だけは注意しましょうね。

ノーパン睡眠で着るべきパジャマ

ノーパン睡眠の素晴らしさを今まで話してきたわけですが、パジャマの選択にしくじると全て台無しです。

  • ゴムなどの締め付けがないこと
  • 汗を良く吸うこと
  • 汗を含んだ生地が肌に付着しても不快感がないこと
  • 蒸れが少ないこと
  • 肌ざわりが良いこと

パジャマについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

無印良品の二重ガーゼパジャマは睡眠の質を上げる手段の一つ【レビュー】

やっぱり個人的には、無印の二重ガーゼパジャマがおすすめです。私もずっと着てますけど、悪い点が見当たらない。素晴らしい。

 

ちなみにスウェットは論外です。あれは超蒸れます。スウェット睡眠文化を流行らせた人の大罪ですよ。汗も意外に吸ってくれないですし。

夏だとポリエステルの短パンもおすすめです。肌ざわりが良くて蒸れません。汗も吸ってくれて、すぐ乾きます。

但し記事の硬さによっては股間が擦れて痛くなる人も居ると思うので、注意してください。

  

パジャマの下にパンツを履かない文化は欧米では普通です。

また日本でも着物着るときに下着つけないって知ってましたか?私は記事のリサーチで初めて知りました。

だからパンツを履かない事は変なことではなくて、理にかなっていることなわけです。寝るときくらいパンツを履かないで、体を労わってあげても良いと思います。

 

ではまた!