昼食抜きすれば1日が26時間にできる【メリットしかない】

ちょっと前のnipuri

昼食食べてから眠くなって、集中力が落ちたりする時間がすごく嫌いです。時間がすごく無駄に感じます。何かいい解決策はないですか?

13時半から15時半の時間を、個人的に「魔の時間」と呼んでいます。

眠くて集中力も落ちてしまうので、すごく嫌い。

この時間を有効に過ごせたら、人生の質が上がると思っていて長年に渡っていろいろ試しましてきましたけど、どれも大きな効果ありませんでした。

じじょ

人間はそういう風に出来ているから、しょうがないよ。昼ご飯食べたら眠くなるようになっているんだよ。

nipuri

この諦め無いといけない感じも凄い嫌なのよ。俺の大切な時間を勝手に奪うんじゃないやい。

でも私は先月からふと思い立って、昼食抜きを続けています。

これが凄くて、続けない理由が見当たらないくらい。

魔の時間も、眠くならずに集中力をたもって過ごせる。昼食の時間も自由に使える。昼食食べていたときを1日24時間だとすると、1日の時間が体感で26時間になる。

その他にも減量できたり、お金が浮いたりして、本当に昼食抜きはメリットしか見つかりません。

ということで、今回は昼食抜きのメリットについて話していこうと思います。

昼食抜きすれば1日が26時間になる

これは魔法じゃなくて、現実。

昼食をぬけば2時間分の時間が出来て、1日が26時間になります。

  • 昼食の時間がそのまま使える +1時間
  • 魔の時間の効率が1.5倍になる +1時間

>>合計で2時間増えて、1日が26時間になる!

頭のおかしい事言ってる感じもしなくも無いので、少し解説いれます。

昼食の時間がそのまま使える

昼食の時間はなんだかんだで、結構時間がかかる。

  • レストラン選び、移動時間
  • メニュー選び、待ち
  • 食事
  • 上司、同僚の完食待ちとなごみ(会話)
  • 会社までの戻り道

外で昼食のときはこれくらいかかる。スムーズに行っても40分はかかるでしょう。社食の私だって、どれだけ高速で食べても、デスクに戻るまで20分はかかる。

上司や同僚と付き合いがあると、時間がさらに長くなる方向でしょう。

食休みを考えると、昼休みの1時間は何もできないですね。

でも昼食抜けば、その昼休み1時間がそのまま自分の為に使えます。気づかいや食事で気力体力使わないでいいので、疲れないのも結構大きい。

ということで、プラス1時間。

nipuri

普段当たり前のように昼食で使っていた時間がぽっかり空くと、自由すぎて、無敵感が出て気持ちいいです。この開放感を知ってしまえば、人付き合いも断る勇気が出ると思います。

魔の時間の効率が倍になる

14時をピークとした眠気や集中力低下のメカニズムは、下記のとおり。

  1. 昼食による血糖値急上昇
  2. 上昇した血糖値を下げる為に、インスリンを大量に分泌
  3. 血糖値が下がるタイミングで眠くなる。

昼食を食べなければ、そもそも血糖値が上昇しないので、眠気はこない。また、昼食後特有の、頭がぼーっとした感じも無くなります。

昼食抜けば、昼食食べるときと比べて、魔の時間帯の作業効率が1.5倍くらい。

魔の時間帯は私の場合だと、13時半~15時半の2時間。1.5倍の時間の長さとなるから、3時間。昼食食べないときにくらべ、1時間増える。

よって昼休み時間と合わせて、昼食を抜けば一日が26時間になるというわけです。

nipur

前日の睡眠や食事内容にもよるだろうけど、眠気や頭がぼーっとした感じが強い人には、昼食後の効率が2倍くらいまで上がると感じる人も居るはず。効果的なので、是非試してみてください。

昼食抜き以外の方法は効果が低い

今までも、魔の時間を乗り切るためにいろいろ試してきました。

  • 短時間の昼寝
  • 昼食で糖質抜き
  • 昼食後の散歩

眠気を覚ましたり、血糖値の上昇を防いだりするためにいろいろやってきた。いづれも頭がぼーっとした感覚は軽くはなったけど、その感覚が完全になくなりはしなかったですね。

昼食抜くと、いずれの方法より劇的に効果あり。魔の時間帯でも、頭が常にクリアな感覚になれます。

昼食抜きのその他メリット

1日の時間が26時間になる以外にも、メリットがあります。

紹介していきます。

昼食抜きメリット①:ダイエット

昼食抜けば1日のカロリー抑えられて、ダイエットできます。

私は昼食抜きを1ヵ月続けて、70.7㎏→68.3まで痩せました。2.4㎏のダイエットに成功。

よく「昼食を抜くと、夜ドカ食いする」と言われますが、夕食と昼食の2食分の量を夕食だけで食べるのは絶対無理ですよ。下手したら腹破けます。

nipuri

1日3食食べるという常識は、たぶん食品会社が作り出した罠だね。大昔はいまより飽食でなく、1日の食事回数は少なかったと言われているしね。

低摂取カロリーを続けているとその低カロリーで体を動かそうと慣れるので、昼食抜きのダイエットはしばらくすると底を打つでしょうけど、昼食抜き初めはカロリーカットの影響で体重は絶対減りますよ。

昼食抜きメリット②:お金の節約

抜いた昼食の分、お金が節約できます。これは言うまでもないですね。

私の会社の社食400円。それで計算すると、

400円×月の出勤日20日 = 8000円

400円って昼食では安いほうですよね。でも安くても、20日積もれば月あたり1万円近くの節約になります。

外なら平均800円くらいですかね。それだと16000円です。

休日も昼食抜いたら、もちろんですがさらにお金は節約できます。その分美味しいごはんが食べれますね。

昼食抜きによるの空腹の対処法

昼食抜き唯一のデメリットだと思っているのが、空腹感。

ですが、正直言って1週間くらいで慣れてきます。お腹はもちろんすきますけど、特に気にならなくなります。

時間でも空腹感は上下して、14時を過ぎれば空腹のピークが過ぎて全然平気になります。

ずっと空腹感が有るわけでは無いので、普通に我慢できると思う。

もしどうしても我慢できないなら、小さいお菓子食べましょう。チョコレートとか、クッキーとか。少量でも空腹感はまぎれます。

あと水をよく飲むことですね。食事からとるべき水分の補充にもなりますし、空腹も少しだけ抑えられます。

私は筋トレ中なので、13時位にプロテインを飲んでいます。プロテインには空腹感を抑える効果あるらしく、飲めば余裕で空腹感を乗り越えられます。

下記プロテインで味もめちゃくちゃ美味しいので、健康補助食品の意味も兼ねて、よろしければどうぞ。これくらいなら、昼食抜きで浮いたお金で買えますね。

まあプロテイン持って行くのを忘れる日も有るんですけどね。でも1ヶ月以上、昼食抜き続けて慣れまくっているので、いまでは空腹感できつくなることも全くありません。

昼食の義務から抜け出すとQOLが上がる

とくに何も考えずに、昼食は義務で食べている人多いと思います。私もそうでした。

でも、その昼食の義務から抜け出すと得られるメリットが多くて、QOLが上がります。

義務感の他に、いざ昼食抜きを始めようとしても、いろんなこと言う人いて惑わされるでしょう。食べないと逆に太るからやめろとか、エネルギーがなくなるとか、健康に悪いとか。

nipuri

でも私、いま昼食抜いて絶好調なんですよね…。

試してからすぐやめても誰にも迷惑かからないので、とにかく1回試してみましょう。やったらいきなり病気になるような事じゃないし、合わなければ辞めたら良いだけです。

1日が26時間になるので、好きなことできるようになります。私も昼休みにブログの更新が捗りまくり。

うっかり13時過ぎても書いてたりしますが、自分のおかげで増えた時間なので、自分の為に使うようにしています。

じつに日々、楽しくなりましたよ。

 

ではまた!