朝の筋トレは幸せに一日を過ごす為の習慣

朝の筋トレは、本当に一日の気分を気持ちいい方向へ変えてくれます。

筋トレした日としてない日これだけの差が出ます。メリットたくさん。

  • 通勤時の気分が良い
  • 嫌な気分や落ち込んだ気分になることが少ない
  • 出勤後も仕事に集中できる
  • 休日も短時間筋トレするだけで充実感がある
  • 何となく時間が過ぎて1日終わってしまう感覚が無くなる
  • なぜか得られる謎の全能感

僕と同じく社畜で、ストレスにまみれている人、鬱っぽい気分が続いている人、朝筋トレやろう。人生少し楽になるよ。

何で朝に筋トレすることになったの?

筋トレをやる時間はどの情報見ても、夕方の16時位が最適と書いてあります。胃の中の状態も良いしパワーも出る。次に多いのが21時位。日付が変わる前に就寝するのを考えると、筋トレと就寝のインターバルを確保するためというのが根拠らしい。

・・・そんなの無理ですよね。夕方仕事してるし。いきなり上司が「筋トレしてくるわ。ジムへの移動時間とクールダウン考えたら2時間ぐらい抜けるわ」とか言い出したら殴ってしまいそうです。そもそもそんな素敵な企業ばかりなら、もっと日本の幸せ指数上がります。

21時もちょっと厳しいですね。自分に甘い私は言い訳して絶対スルーすると思う。

糞ガリで腹だけ出てる僕は、体づくりを目指して何度も筋トレにトライしたけど長くて1か月位で挫折してきました。

その時にネット記事で見たのは、習慣化させるのは朝が一番最適ということ。根拠は確か意志の力が一番高いからだったと思います。

朝に筋トレをするようになってからは約1年半継続できています。変化点は朝に変えてから以外はなしです。習慣化したいことを朝にやる効果って、すごいのかも。

朝の筋トレによって体の中で何が起こるか

筋トレすると脳内から物質が出る。

  • ドーパミン「快感・幸福感」
  • エンドルフィン「鎮痛作用(脳内モルヒネと呼ばれる)」
  • ノルアドレナリン「集中力アップ」

聞いたことあるやつですね。効果が主なものしか書いてませんが、ノルアドレナリンにも鎮痛作用はあるみたい。不安による精神苦痛だらけの社畜には効果がばっちり出そうです。

それ以外にも下記の変化が出るみたい。

  • 成長ホルモン「代謝促進」
  • コラーゲンの分泌「美肌効果」
  • 体温上昇「脂肪燃焼」

健康にも良いはず。筋トレは絶対有効になりそうです。

運動として筋トレを選択する理由

前述の効果は筋トレ以外の運動でも得られるみたいです。でも、我々社畜には時間が無い。だから短い時間で沢山の効果が欲しいです。効率が良いのが良い。まずまず強欲です。

・・・このTwitterは阿呆っぽいですが。。。

でも筋トレに関していい事沢山書いてある。著書が一番良いかなと思います。Twitterも自己啓発として良いこと沢山書いてあるのでフォローしましょう。

著書では筋トレやることを押し付けられるころ必至。Twitterの名前がテストステロンですが、これは筋トレで増加する男性ホルモンの名前。筋トレして体が変わっていったらテンションぶち上げです。みんな筋肉好きでしょ。ムキムキの人モテるでしょ。テストステロン出たらモテるでしょ。という力業の理論の応酬。

でもあながち間違ってはいなくて、単純に筋トレした後は筋肉が張って良い体に見えます。また気分が高揚して謎の全能感が出る。筋肉という武器を手に入れると上司から嫌なこと言われても「お前には力で負けないから、そんなこと言われても平気」という謎の精神耐性も付きます。

僕は朝20分位毎日集中して筋トレしてます。家でやるので器具が無いし、朝なので安全を考えて負荷は大きくかけられないけど、それでも体は変わりました。なにより精神安定剤としての役割が大きい。やらないと一日の気分が大きく変わる。たった20分で幸せになれるのなら皆さんもちょっとやってみてはいかがですかね。

こちらの記事も参考に:
「筋トレは精神安定剤。生活に取り入れるべき習慣。【強制気分転換・効果は数日続く】

ではまた。