Kindleスマホアプリで読書を習慣化【Kindle本体いらね】

KindleApp-Kindle

読書したいのに、読書習慣化が上手くいかず全然本を読めていない人はいませんか。

私もずーっとそんな思いを持っていました。

スマホを持ち始めてからどんどん本を読む機会が少なくなって、気づけば去年1年で読んだ本の合計は1桁台。

でも最近Kindleアプリをスマホに導入しました。そしたら読書が捗って捗って仕方がないです。

もともと私はKindle本体を所持していますが、Kindleのスマホアプリ使うのが読書習慣化のポイントです。

Kindle本体買ったときより、Kindleスマホアプリ入れた今の方が全然読書してます。正直Kindle本体いらなかったと思う今日この頃です。

というわけで今回は、Kindleスマホアプリによる読書習慣化について話していこうと思います。

Kindleスマホアプリで読書が習慣化【メリット】

読書できない人の言い分は、「時間がない」が一番だと思います。

でも、すき間時間って気づかないだけで死ぬほどあるんですよ。移動中とか、待ち時間とか。

nipuri

排便中とかね。

ところで、そのすき間の時間は何してますか?だいたいスマホ触ってませんか?

無意識にスマホ触っているそこのあなた。スマホをなんで触ってるんですか?目的ありますか?

詰めるような言い方ですが、無意識にスマホ触るときに目的を持って使ってる人は居ないはず。その使途不明なスマホいじりの時間が、Kindleスマホアプリ使えば読書時間に変えられます。

Kindleスマホアプリ使えば、普段肌身離さず持ち歩いているスマホで読書することになります。だから読書に取り掛かるハードルが下げられることが大きな強みになります。

ここからはKindleスマホアプリによる読書メリットの詳細を、Kindle本体や紙の本での読書との比較で紹介していきます。

スマホを無意識に触っている時間を読書の時間にできる

Kindleスマホアプリによって、無意識にスマホを使っている時間を読書に使うことができます。

スマホは悪魔的魅力を持つ機械です。SNS、メール、ゲーム、ネットサーフィン、ショッピングなどなど。

自分にとって良い情報があるかもしれない、という期待感で脳内麻薬ドバドバでます。結果スマホ中毒になってしまう人が多い。

だから、気づけばスマホを反射的に触っている人多いと思います。でももうこれはしょうがない。スマホは便利で本当に魅力的だから。

そこで、この反射的にスマホを触ってしまう習慣を、読書習慣化に利用します

後述しますが、できるだけ他のアプリの影響を排除して、Kindleアプリに意識が向くようなスマホ環境にしておきます。

そうすれば無意識にスマホを触り、続けて気づかずにダラダラとスマホを弄って浪費する時間を、読書で使う事ができる。

nipuri

時間が無くて読書が出来ないと困っている人も、何気にエロサイト見たり、ショッピングサイト見たりする時間は絶対あるはずですよ。

スマホで無意識に浪費している時間を、Kindleスマホアプリを使って読書で使いましましょう。

読書するときスマホ以外いらない

読書に取り掛かるまでのハードルを下げてくれるのは、Kindleスマホアプリでの読書の利点。

読書するためにはもちろん媒体が必要です。

紙の本で読書したいなら、紙の本。Kindle本体で読書するなら、Kindle 本体。これは当たり前のことです。

Kindleスマホアプリなら、スマホさえあれば読書ができます。

今はスマホで電話やメール、ネット、ショッピング、チャットなど、なんでもできます。だから家の外でも中でも、スマホだけは持ち歩いている人は多いでしょう。

もし手元に本やKindle本体がなければ、それらを取りに行く必要があります。外で読書するなら、それらを持って外に行かなければならないので荷物が増えます。これが意外と鬱陶しい。

いつも持ち歩くスマホにKindleアプリが入っていれば、思い立ったその時にすぐ読書できます。

nipuri

スマホをトイレ持ち入る人も多いだろうから、ウ〇コしながらでも読めちゃうのは結構いいよね。

つま

排便中とか、エロサイトとか、ウ〇コとか。今日はちょっと下品じゃないですか?

nipuri

…んんぅ、ショッピングゥッ!先月使ったネットショッピング料金見せろよぅっ!

つま

うるさいっ!そしてキモい!

動作がサクサクで読書ストレスがない

KindleApp-Kindle

Kindle本体と比べて、Kindleスマホアプリの動作にはストレスが全然ありません。

  • 起動時
  • ページをめくる速度と感度
  • ハイライト(線引き)
  • キーボード入力
  • 本の検索

これら全ての動作で、Kindleスマホアプリが勝ってます。

特に許せないのが、Kindle本体でハイライトが全然上手く行かないこと。私は本の要点に線引く派の人ですが、範囲の指定が上手く行かないので超ストレスです。

また前に読書してからしばらく時間が空くと、起動に時間かかって読書するまでに5秒くらい必要になる。

キーボードも反応悪し。文字タップしてから表示まで時間かかったりする。

nipuri

今まで黙ってたけど、正直Kindle本体はワープロなの!?って感じです。

Kindleスマホアプリで読書している今となっては、Kindle本体の読書には戻れないです。

Kindleスマホアプリで本を読みだすまでの速度は、指紋認証→Kindleアプリタップの2アクションだけなので、場合によっては紙の本よりも早い。ページめくる速さも遜色ありません。

ブログの離脱率と似ているかもしれませんが、やはり動作の軽さと言うのは読書に人を引き付けておくための大きなポイントだと思う。

だからKindleスマホアプリで読書したほうが、習慣化がグッと近づくはずです。

Kindleアプリで読書習慣化するためのスマホ設定

Kindleスマホアプリを使った読書習慣化は、スマホの誘惑をいかに制御するかが大きなポイントになります。

不要な通知は切っておく

読書中にLineの通知が来たら、読書を中断することになるでしょう。

読書の集中が切れると、読書の楽しい気分も同時に途切れます。

また通知の内容を確認してしまうと、スマホの誘惑に引き込まれる可能性が非常に高い。

Kindleスマホアプリで読書習慣化を狙っている人は、スマホの通知はOFFにしておくことをオススメします。

nipuri

特にLINEの通知を気にする人がいるでしょう。でもチャットはいつ返しても良いからチャットなんです。何かあれば電話くれるはずですよ。すこし周りの人を信用して読書に集中してみましょう。

常駐アプリ置き場にKindleアプリを設置

ちょっと呼び方が分からないですが、ページをスクロールしても付いてくる画面下のアプリ置き場ありますよね。常駐アプリ置き場とでも呼んでおきます。

kindleApp-place

ここにKindleアプリを設置します。

そうすれば、他のアプリを起動していない時以外はKindleアプリが目に入ります。

読書以外でスマホを触る理由が明確でないときにスマホを触り始めたら、読書の習慣化を狙ってる人ならハッとしてKindle立ち上げるようになるはず。

何となくスマホを触る時間をKindleアプリでの読書とするために、できるだけ目に入る位置にKindleアプリを配置しておきましょう。

スマホ読書での体へのダメージを回避

スマホの設定ではないのですが、読書中の自分自身の設定として紹介させてください。

スマホを扱う時、気づかずに呼吸が浅くなってます。また姿勢が前かがみにもなります。そして意外にスマホは重いので、腕に負担がかかります。

これらは読書するときやSNS見るとき、LINE送るときに関係なくスマホを取り扱う時は起こり得る事。

  • 呼吸をゆっくり深くする
  • スマホはなるべく高い位置にし、目線を上げる
  • 背中は丸めない
  • ときどき首や肩を回す
  • スマホリングなどでスマホを持つ体の負担を減らす

肩や首が凝ったり、呼吸が浅くなって頭がぼーっとしてくると、集中力が下がって読書が面白くなくなってしまいます。

また読書に夢中になりすぎて気づいたら体を傷めてしまっていた何てことになると、読書も嫌になってしまうでしょう。

上に書いたことを少し意識して、Kindleスマホアプリでの読書してみてください。これらのことを気を付けたとしても、集中力や理解力は全く下がらないので、ぜひ読書中に取り入れることをオススメします。

Kindleスマホアプリを使ってから読書量が4倍以上になった

こちら私の読書量の増加状況です。かなり増えました。

Kindle本体購入時 … 1冊以下/月

Kindleスマホアプリ使用開始時 … 4-5冊/月

本も読み始めれば楽しくて読み続けられます。でも自分の欲している情報を見つけるのもちょっと手間だし、探すのも面倒。分からない言葉や分かりずらい文章も多いし、ハードルが高い。

それに比べると、スマホを触っている方が楽なはず。SNSやLINE、ネットサーフィンしている方が自分の欲に合う情報が見つけられますしね。

だから前まではスマホに時間を奪われてしまって、ほとんど本を読むことが出来なかったんだと思います。

ただしKindleスマホアプリを使った読書は、スマホを触る癖の裏をかいたような方法で、ついついスマホを触ってしまう時間を上手く使って読書習慣化が狙えます。

今までスマホは読書の敵だと思っていたので、私にとってこの方法は盲点でした。

nipuri

Kindle本体もブルーライトがなく睡眠の邪魔をしないから、寝る前の読書には確かに適していると思う。でも夜は脳のスイッチ切れて読書にも集中できないから、ちょっと効率悪いんですよね。

Kindleスマホアプリならスマホ持っていれば読書ができて、読書習慣化もしやすいです。もちろんスマホがあればアプリを入れるのは無料です。

なかなか読書ができなくて悩んでいる人は、Kindleスマホアプリをスマホに入れて読書始めてみてください。意外にも読書が捗ること間違いなしなので、是非。

 

ではまた。