ケトジェニックダイエットのデメリットきつすぎ【3週間で1.5㎏減】

ケトジェニック前後

ケトジェニックダイエット開始して約3週間経ちました。

3週間で1.5㎏減量達成しましたが、ケトジェニックダイエットはデメリットきつすぎるのでやめます。

nipuri

今後もやらない可能性高いので、MCTオイルも破棄しました。思い出よ、さらば。

早く体重が落ちると聞いて始めたケトジェニックダイエットですが、思ったほど体重も落ちず目標体重までまだ2㎏も残っています。こんなはずではなかったのに。

今からケトジェニックダイエット始めようと思っている方は、私の体験談を見て心の準備をしてからにすると良いと思います。

ケトジェニックダイエットが合わない人は、生活に支障が出る可能性大です。

今回はケトジェニックダイエットのデメリットと減量報告について書いていきます。

ケトジェニックダイエットのデメリットきつすぎ

私のケトジェニックダイエットは、下記のルールを守って実施してきました。

  • 糖質摂取量1日20g以下を目標
  • MCTオイル30g摂取
  • 摂取カロリーは2500kcal超えない
  • 水はたくさん飲む

いたって普通のケトジェニックダイエットです。詳しくはケトジェニックダイエットのやり方をシンプルに考える【4つのルール】にダイエットのメカニズムも合わせて書いてあるので、宜しければご一読を。

ケトジェニックダイエットで体感したデメリット

3週間のケトジェニックダイエットで私が体感したデメリットは下記のとおりです。

  • 体の回復が遅くなる
  • 集中力が低くなりすぐ疲れる
  • 筋トレが捗らない
  • 食事がきつくて金かかる

順に説明していきます。

体の回復が遅くなる

私は筋トレを毎朝してるんですが、たまに筋が痛くなったりします。肉離れまではほど遠い、ごくごく軽い筋違い。

それがケトジェニックダイエット中は全然治りません。

今まで1日で治っていたのが、3日くらい痛みが続いて治る気配なしです。しかもその筋違いが頻繁に起こります。

寝起きで体が痛むことも増えまたした。それも下手すると痛みが1日続く。ケトジェニック始める前は起きて1時間くらいで治っていたんですが。

これらの体の痛み起因で、持病の片頭痛を久しぶりに発動させたわけですが、この頭痛も4日続きました。普段なら1、2日で治るのに。これがまじで地獄だった。

ただ、その片頭痛はたまたま会社で配られたコーラを、捨てるのも申し訳なくケトジェニック中にかかかわらず飲んでみたら、一気に解消しました。糖質の効果が顕著過ぎてビビった。

糖質は筋肉を体を回復する役目がある。ケトジェニックダイエットは糖質制限するので、もしケトジェニック始めるなら体の回復が遅れるのは覚悟したほうが良いかも。

今朝はケトジェニック明けでフルーツと白米食べたけど、ずっと続いてた背中と胸の痛みなくなった。現在12時前。糖質脅威の効果。

集中力が低くなりすぐ疲れる

集中力が低くなり、仕事でかなり支障がでました。

会社に到着しても集中力上がらず、朝の集中できる時間帯にも関わらず効率が半分くらい低下。無理やりやる気出しても、頭も回らないから処理スピードが非常に遅い。

挙句の果てに14時以降は電池切れ起こすので、ケトジェニックダイエット期間中の午後はほとんど仕事していません。

部下や同僚が相談しに来ても、何の件について話しているのか気づくまで時間かかったりする。ケトジェニック前にはありえなかったことです。

私の職種はまだ自由度が高くてマシですが、集中力を常に要する職種の方はケトジェニックダイエットする場合は気を付けるべきと思われます。

nipuri

今朝糖質とったおかげで今はブログ作成が捗ってしょうがないっす。糖質驚異の効果(2回目)。

筋トレが捗らない

ケトジェニックダイエット中は即効性のある糖質のエネルギーが体にない状態なので、筋トレが全然捗りませんでした。

特に私は朝に筋トレやるので、寝起きではエネルギーが空の状態。

朝食でもケトジェニックダイエットでは糖質取れないので、エネルギーが無い状態で筋トレ始めます。案の定、筋トレの重量や回数がガタ落ちしました。

特にケトジェニックダイエット初期の、体の糖質が抜けきってなくて、脂肪をエネルギーに変える体の回路が出来ていない時期が一番酷かった。

加えて前述の、体の回復が遅れて痛みが残っていること、集中力が落ちることが地味に効いてきてモチベーションも低下。

筋トレしている人はケガのリスクも上がると思うので、ケトジェニックダイエットを選択するかどうか真剣に考えた方が良いかと思います。

食事がきつくて金がかかる

1日20g以下の糖質制限は思っているより厳しかったです。

私は白米やパンに未練はないタイプです。

ただしケトジェニックダイエット中はいくら肉や魚をたくさん食べても良いとはいえ、野菜や調味料に制限があると味が代り映えしない。ほぼ塩味ばかりでした。これがだいぶキツイ。

あとエネルギー補填の為に脂質の摂取を考えると、肉魚の摂取を多くしないといけないし、MCTオイルも必要になる。これが結構金かかります。

ケトジェニックダイエットは炭水化物をカットすれば良くて、食のバリエーションが取れると勘違いしている人はもう一度調べてみましょう。

食をストレス解消として重視している人は、ケトジェニックダイエットは精神ダメージを覚悟しておいた方が良いです。

ケトジェニックダイエットの成果

デメリットばかり書いてきましたが、せっかく3週間ケトジェニックダイエットやってきたので、ダイエット成果を御報告しておきます。

ケトジェニックダイエット中の糖質と体重の推移

ケトジェニックダイエット開始 4/14  …  68.5㎏
ケトジェニックダイエット約3週間後 5/3  …  67.0㎏

68.5 - 67.0 = 1.5㎏の減量

3週間で1.5㎏の減量です。

糖質の制限は難しく、20g以上になっている日もありますが概ね目標達成できたのでOK判断。

開始から10日ちょっとまで順調に体重落ちましたが、そこからは停滞気味です。

ケトジェニックダイエット前に行ったカロリー制限ダイエットでは、1ヶ月間で3.8㎏減量していました。それ考えるとケトジェニックの減量幅は正直期待外れ。

軽く達成できると考えていた目標の65㎏まで、まだ2㎏残ってます。

4/28に前述のコーラを飲んだ事でタガが外れてハイカーボデイにしました。炭水化物を1日で400g摂取。でもその効果もあまり得られませんでした。

ケトジェニックダイエットの体形変化

左がケトジェニックダイエット開始時の4/14、右側が3週間後の5/3。

ほぼ変わっていませんね。お腹が少しくびれたように見えるかな?くらい。

厳しいケトジェニックダイエットをしてきたのにこの結果では、心がへし折られます。

つま

ケトジェニックでかかった余分な費用はどこかで埋め合わせしてよ。まだ残ってる高いMCTオイルも捨てちゃったんだしね、ブタちゃん♬

nipuri

……完全に心を殺しにかかってきているな、このやろう。

ケトジェニックダイエットからカロリー制限ダイエットに戻す

グラフ見る限りケトジェニックダイエットを続けていけばもう少し体重落ちるのかもしれません。

でも健康や生活の集中力の方が重要と判断して、3週間で私のケトジェニックダイエットは中止を決定いたしました。

人によっては合う合わないあると思いますが、私はカロリー制限ダイエットの方が心身共に健全で楽しくできてました。ケトジェニックにくらべて減量の時間はかかるみたいですが、元に戻します。

カロリー制限ダイエットについてはカロリー制限ダイエットは効果あるけど短期で底打ち【1ヶ月で3.8㎏減量】に詳しく書いてあるので、宜しければご一読ください。

メカニズムとして脂肪をエネルギーに使う回路に変えるのがケトジェニックで、その回路は人間本来のエネルギー回路とは異なるので、何かしらの体の不調が出ることはよくよく考えてみたら、まあ予測つくことですね。

心の準備として、私の今回書いたデメリットを参考にしてもらってからケトジェニックダイエット始めるのが良いかな、と思います。どのような事が起こる可能性があるのか知らずに始めたあと、不具合が起こるのが最も怖いですからね。

 

ではまた。