クレンジングはお風呂に浸かって毛穴を開いてからやれ【時短】【男の鼻の角栓対策】

娘に「鼻の白いぶつぶつなに?」と角栓を指摘されてから、鼻の角栓対策に勤しむ毎日でございます。

いま私は、ちふれコールドクリームを使用して角栓対策しています。

ちふれコールドクリームの説明には容器の裏には、顔も手も乾いた状態でクレンジングやマッサージを行う事って説明がある。

公式ページでも乾いた手でオイル化するまでマッサージしたほうが良いと書いてあります。

クリームの水を飛ばして疎水化して、角栓や汚れと近い状態にする行為を推奨していると思う。でもオイル化するまでマッサージするのは時間もかかるし、ちょっと面倒。

逆に、毛穴を開いてからの方が角栓は落としやすいと言うことをよく聞きます。

エステでもミストや蒸気を顔に浴びてる映像有りますよね。

こんなやつ。

あとサウナでも蒸気でも高温で毛穴が開き、角栓の対策がしやすくなるっていう理屈。ただし、我が家にはミスト装置はない。サウナなんてもちろんなし。

そのような場合は代わりにお風呂に一度浸かって、毛穴を開いてからクレンジングした方が良いと言われてたりする。

でもこの方法は、ちふれコールドクリームの説明書と逆行して手や顔が濡れる方向になります。

どっちがいいんだろ。迷ってきたので、乾いた状態とお風呂に一度浸かって毛穴を開いた状態、鼻の角栓にはどちらが効果的なのか実際に検証してみました。

結果として角栓や毛穴の洗浄効果に差はありませんでした。ただし、お風呂に浸かってからクレンジングしたほうが早く角栓は落ちます。時短に繋がるので、おすすめです。

※今回もおっさんの汚い鼻の至近距離での写真が出てきます。不快に思いそうな方は見るのを控えてください。言ったぞ!俺は言ったからな!苦情は受け付けませんのでご了承ください。

今回使用する洗顔料たち

今回使用するのはこちらの洗顔料。

  • ちふれコールドクリーム
  • ロゼット洗顔パスタ

前にビオレ洗顔ジェルも組み合わせて鼻の角栓対策の記事を書いたんですが、私にとってビオレ洗顔ジェルは肌の刺激が強いので日常的には使っていません。週1、2回使うくらい。よって今回の検証からは除外。

ちふれコールドクリームを使ってのクレンジングは、指の人差し指、中指、薬指を使って円を書くように優しくマッサージしていきます。鼻周りを重点的に実施。

ロゼット洗顔パスタは洗顔用です。泡立てて顔に乗っけて少しなぞるくらい。鼻の角栓には効果ほとんど無いのは検証済みですが、仕上げ洗顔で使うので一応紹介しておきます。

参考記事はこちら: 「男も鼻の角栓はちふれコールドクリームとビオレ洗顔ジェルで改善できるか?【レビュー】」

鼻の角栓へのクレンジング検証結果

写真で検証していきましょう。週末に差し掛かる金・土は肌を休ませるため、いつも私はちふれコールドクリームは使いません。

よって日曜日の入浴前が最も鼻が汚れている状態なので、そのときの写真をクレンジング前の基準とします。

クレンジング後の効果確認の写真は、月曜の入浴前のものです。

クレンジング直後の写真を載せて、効果を過剰に盛ったりするのは性に合わないので、事実をお届けします。

それでは、刮目せよ!

お風呂に浸かる前にクレンジング

まずはクレンジング前の写真。

相変わらずきったないっす。

続いてクレンジング後の翌日の入浴前の写真。

お風呂につかる前に、ちふれコールドクリームがオイル化するまでマッサージしましたが、5分以上いつもかかっています。結構手間。

そこそこ角栓は改善されていますが、完全ではない。

お風呂に浸かって毛穴を開いた後にクレンジング

前述の検証の1週間後の週末の写真。

同じように汚れていますね。きったない。

続いてお風呂に浸かって毛穴を開いてからクレンジング、浴日の入浴前の写真。

おお。角栓よりも毛穴の汚れが落ちて、締まった印象があります。

お風呂には5分くらい浸かって、毛穴を開かせた後にマッサージ開始。湯船から手は上げた状態としていたので、指はそこそこ乾いています。一方顔は汗が出始める直前くらいの状態。濡れるかもしれないですが、無視してマッサージ決行。

指先で感じられる鼻のポツポツした感覚もマッサージ開始3分くらいで無くなったので、その時点で終了しました。

毛穴開き有り無しのクレンジング比較

左が通常クレンジングで、右がお風呂に浸かった後のクレンジング。

うーん。。。並べて見るとあんまり変わらないっすね。。。

でもクレンジングの時間を考えると、お風呂に浸かってからクレンジングしたほうが短時間で終了できるわりに結果が変わらないので有利です。

クレンジングは毛穴を開かせてからやれ

毛穴を開き、且つ熱で角栓などの汚れを軟化させることが、毛穴の洗浄に繋がるのだと思います。

乾いた手で時間を使ってマッサージをして物理的な力を使って除去するよりも、あらかじめ汚れそのものを浮かせてから洗浄するほうが、早く効率よく洗浄できる事が分かりました。

もともと私は体や頭を洗う前に、先にお風呂に浸かることが多い。だから先に湯船に浸かって毛穴を開かせた後にクレンジングすることは、私の習慣とも合致するのでやり易いし楽です。

先にお風呂に浸かると、体全体の汚れも浮かせることが出来きて、効率よく汚れを落とすことが出来る。そのため鼻の角栓に限らずオススメです。

汚れをお風呂から上がる直前に落とすのは、乾燥対策にもなるとも言われています。

商品の説明を厳守していないやり方ですが、短時間で洗顔が終えられるので、面倒くさがりさんにはぜひともお試しを。

またクレンジングは長期使っていけば毛穴も目立たなくなるらしいので、長くクレンジング続けた鼻の毛穴への効果について再度ご報告したいと思います。実際にクレンジング始めてから、角栓は無くなったと妻からも言われました。ひゃっほい。

めざせ男の若返りですね。頑張ります。

 

ではまた。