ブログ開始9ヵ月目で50記事達成。月間3000PVの収益は?【PV分析】

晴れて脱ブログ初心者となりましたnipuriです。こんにちは。

ブログ初めてから9ヶ月目、ようやく50記事達成しました。本記事は51記事目になります。19年3月からブログ開始しているので19年11月で9か月目に突入です。

1910月は3000PV/月を僅かながら超えました。ブログ初心者の目安とされてる月間3000PVを超え、ついにブログ初心者脱却です。

ブログ始めた時は、「50記事なんて楽勝だろ。浮かれて記事なんか書かないぞ俺は。」と思っていたんです。でもブログ50記事って、なかなかしんどかった。。。

私は50記事達成を目標3ヵ月で設定していたんですが、気づいたら9ヵ月かかってますからね。記事書きたくなる気持ちも良く理解できました。

ブログで初めて収益も出ましたし、集客についても分析するとなかなか面白いし、今後のブログ方針にも役立つので、記事に残しておこうと思います。

現時点の総収益

現時点の総収益は、1150円です。

正直、少ないですね。でもネットでお金貰えることを体感できたブログ初心者の僕にとっては、なかなか興奮できたのでいいんです。ほっといてくれ。

Googleアドセンス・・・434円
ASP・・・716円
計 1150円

Googleアドセンスはようやく毎日利益が出るようになりました。といっても、一桁の日がほとんど。

ASPはAmazonと楽天の通販サイトから。ASPで収益出たのは3回だけ。そう考えるとGoogleアドセンスに比べてASPは単価が高い。

本当は単価の高い専門ASPを張りたい所ですが、専門のASP張りにくい記事が多いし、そもそもASP審査に通りにくい。また自分自身で体験してない事を、いけしゃあしゃあと記事にして高額ASPで儲けるほどの文才が無いし、性にも合わない。よって、しばらくは記事をたくさん書いてPV上げる方に注力するつもりです。

PVの推移:3ヵ月理論は事実

19年10月に3095PV/月となり、3000PVを突破しました。ブログ始めてから8か月目の月です。

PVの月ごとの推移です。PVが出始めたのが19年6月。3月から数えると3ヶ月経過。やはり通説通り、記事がgoogleに発見されるのは3ヵ月くらいかかる。

また今一番見られている記事は6月末に書いていて、PVがさらに急伸したのも9月~10月。3ヵ月後です。

やはり今の利益で落ち込んでる場合じゃないです。先の利益を望むなら、悩む前にいま手を動かせ、ですね

50記事 × 1PV × 30日 = 1500PV / 月
500記事 × 1PV × 30日 = 15000PV / 月

記事数とPVの例。1記事1PVだとしても記事数が多ければ15000PV/月まで伸びる。当たり前事ですが、記事増やせばPVは増える。よって試行回数は増やすべき。

読まれている記事

記事別のPV比率をざっくりと下記に示します。

  • 漏斗胸関連・・・32.9%
  • 人民元関連・・・23.9%
  • フィットネス関連・・・6.6%
  • 海外赴任記事・・・3.4%

漏斗胸の記事が一番強い。ちなみにこの記事がPVトップです: 「【チャレンジ】漏斗胸を筋トレとストレッチとマッサージにより自力で改善する【体形改善】」

漏斗胸と人民元の記事が当たらなかったら、1500PV/月を超えていません。恐ろしい。。。

漏斗胸と人民元の記事で8割。その他フィットネスが強い。

ブログでは他に仕事効率、瞑想(マインドフルネス)、本レビューなどの記事を書いているんですが、ほぼ読まれていません。

体と金の悩みは強いですね。思ったより皆さん精神状態は安定して、仕事も上手く行っていることが結果から読み取れます。こんなところからマーケット情報が読み取れるの面白い。そしてブログにおいてマーケティング超大事。

私の様なマーケット感度が鈍い初心者は、試行を繰り返して市場の波をつかみ取っていくしかなさそうです。

検索ボリュームとPV

検索首位を取っているワードと検索ボリュームの関係は以下。検索ボリュームはキーワードプランナーから拾って来ています。

「漏斗胸 筋トレ」 1000~1万
「海外赴任 暇」 10~100

「漏斗胸 筋トレ」は検索の表示回数が1000~1500回/月。1000~1万という検索ボリュームとの整合性は取れそう。

一方、「海外赴任 暇」は表示回数20回/月。こちらも10~100という検索ボリュームとの整合性は取れる。

漏斗胸関連と海外赴任関連の2種の記事のPV差から見ても、沢山の人に見てもらいたいなら検索ボリュームが多いワードで記事を書くべきです。ただし需要が多いということは、競合も多い。このことは容易に想像がつくはず。

でも、そうであるとも限らなそうです

需要と供給:テーマとして最適なワード

私は検索ボリュームが少ない方が競合記事が少ないという思い込みから、10~100、100~1000の検索ボリュームのワードをテーマとして記事を書いていました。検索する人が少なくてもいいから確実に見てもらいたいので、競合が少ない方が有利と判断。

でもその検索ボリュームが少ないワード狙っても記事がほとんど見てもらえないということが結構ある。なぜでしょうか。

  • 「漏斗胸 筋トレ」
    Google検索ヒット数:約41500件
    検索ボリューム:1000~1万 
  • 「Twitter フォロバ」
    Google検索ヒット数:約11,500,000件
    検索ボリューム:100~1000

Google検索のヒット数と検索ボリュームの対比です。Twitterの記事を書きましたが、ほぼ読まれていません。競合も多く、検索順位が上がらないのがその理由でしょう。

「漏斗胸 筋トレ」と比較して「Twitter フォロバ」のGoogle検索のヒット数はめちゃくちゃ多い。検索されやすさと競合の多さは必ずしも一致しない。

そりゃそうです。例えば、旬の果物を例年通りの人数が求めても、その年に大手農家が災害に見舞われれば大半の八百屋がその果物を売れない。買い手=検索人数で、八百屋=競合。これはイコールにはならない。需要と供給が合わない事は良くあること。

検索ボリュームは需要、検索ヒット数は供給です。需要が多く、供給が少ない方がブログを見る可能性がある人が多い、かつ競合が少なく検索順位も上がりやすい。

キーワードプランナーでも競合性の指標がありますが、低中高の3段階しかないので、実際に検索してみて検索ヒット数で判断しても良いかもしれません。競合記事でなくても、別サイトが検索上位に来て埋もれてしまっては見てもらえません。

競合が少ないのは、色々事情があると思いますけど、情報に精通している人が少ない、経験者が少ないのが主な理由でしょう。自分しか持っていないけど、多くの人が求めている情報で記事を書くのが一番PVが出やすいことになります。

 

そんなの知ってるわ!お前が思い込みしていただけだろ!という感じですかね。。。でも最近ようやく勘違いから解き放たれたので念のためメモで残しておきます。うっかり同じ勘違いしていた人は参考にしてください。

アイキャッチと写真と文字数は有っても損はしない

アイキャッチと写真と文字数は合った方がPVが伸びる可能性がある。少なくとも逆効果にはならなそう。

・初期の記事はアイキャッチを設定しておらず、ブログ書き初めのときの記事はほとんど読まれていません。20記事目くらいからアイキャッチを付け始めました。

・私のブログでは、写真が張ってある記事の方が読まれている比率は高いです。

・文字数は初め1500文字くらいでしたが、最近は平均して2800文字くらい。気づいたら書きたい事が増えていて、合わせて文字数も増加した感じ。最近の記事の方が読まれています。

キーワードプランナーでワード選定しだしたのも35記事以降なので、効果の切り分けできていないというのが本音です。ただし写真やアイキャッチ、文字数は合っても悪さはしなさそう。記事も見やすくなりますしね。

もう少し記事数増やした後に改めて写真やアイキャッチ、文字数の効果を再度分析してみる予定。

ブログ解析するとますます面白い

正直ブログ書く前に色々勉強はしたんです。でも理解が悪いので、SEOって美味しいの?状態が続いていたんですけど、毎日アナリティクスとか分からないなりに覗くと少しずつ仕組みが分かってくる。そこから少しブログ解析を覚えるとさらに面白い。夢中になる人がいるのも理解ができました。

今回解析した結論としては、四の五の言わず試行回数を増やせ、と言う事ですね。

手を動かさないと分からないし、書いてみてその結果から修正するほうが面白いし身に着く。座学ばかりしてても居眠りしちゃうし。その分野の世界も見えてこないです。

100記事書いたらまた分析して記事にしてみます。次の50記事は6か月で達成することを目標にします。頑張る。

 

ではまた。