Amazonの中国輸入品販売は無理ゲーなのでやめます【中国人強すぎ】

私はただいま、中国に駐在しています。

せっかく海外で暮らしているので、海外だからこそできる副業を探しています。

やっぱり中国は世界の製造工場だけあって、モノが安い。品質も一昔前に比べて上がっているらしい。

実際アリババ系列のタオバオでよく買い物しますけど、どれもそれなりに長く使えますから。価格考えると全然OK範囲内。

だから日本で売ったら結構儲かるんじゃないか?ということで、調査しました。

調査した結果、Amazonの物販の仕組みが神がかり的なんですけど、いま日本Amazonへの中国人の攻勢が凄まじくて個人が参入しても勝てっこないという結論に至ったので、そのやる前から萎えさせられた理由を今回は話していこうと思います。

Amazonの神がかり的な物販システム

もし物販を始めるとき、課題になるのは仕入れと物流じゃないかな、と予測していました。

仕入れは中国製品は安価だし、輸入の代行業者が検品からAmazon倉庫への発送までしてくれるらしく、問題なさそうです。

でも個人で物流を操作するには、障壁が大きそうです。

個人で物販やる上で大きな商品100個在庫持つためのスペースも無いし、そんな数多くの発送管理もかなりの工数がかかる。

その物流業務全般をAmazonであれば、FBA(フルフィルメント by Amazon)が受け持ってくれるみたいです。

フルフィルメントとは、通信販売やECにおいて、受注から配送までの業務(受注、梱包、在庫管理、発送、受け渡し、代金回収まで)の一連のプロセス全体のことを指します。

大和物流株式会社 より引用

すなわち、Amazonに商品納入したあと、在庫管理から発注、会計まで全てAmazonnがやってくれるわけです。

Amazonで商品売上が波に乗れば、物販側の仕事は中国から物品をAmazonに手配して、在庫切らさないようにするだけでOK。

かかる費用も月額4900円+販売手数料+在庫保管量のみ。もちろん商品の大きさや在庫保管期間によって手数料はかさむでしょうが、それでも楽天やyahooより費用が少なくシステムのレベルが段違いらしい。

nipuri

全く知りませんでした。物販業者にとってはAmazonは神様ですね!

日本のAmazonにおける中国人業者

このAmazonのシステム使えば、私も簡単に中国物販業で億万長者だ!と思いましたよ。

ですが今の日本のAmazonは中国人が強すぎる。

AmazonでもGoogleと同じく、検索上位の商品でないと見てもらえないし購入されない。だからSEOの技術が必要になります。

Amazonの場合、SEOに重要な要素はこんな感じ。

  • 商品売り上げ
  • 口コミ評価
  • コンバージョン率
  • タイトルと検索ワードの関連性
  • ページ内情報と検索ワードの関連性

特に商品売り上げが重要らしいです。その次に口コミ評価も重要らしい。

最近私が使っているステッパーをAmazonで試しに検索してみました。

出品者のページを開いて情報見ていけば分かりますが、中国人の業者なら住所が不自然です。

ステッパーの検索上位の6~7割くらいが中国業者。すごい勢い。

初めは売上もないので、広告料払ってスポンサープロダクツのところに商品を置いてもらったりする。これはみんな使う正攻法です。

でも中国人はその正攻法以外にも潤沢な資金とマンパワーを使って、日本のAmazonへ攻勢仕掛けています。

中国人に商品を注文させて売上数を偽装

日本在住の中国人にAmazon出品している自社商品を注文させます。

受け取った商品は、Amazon倉庫の在庫に回します。

もちろん日本の住所が必要ですが、今や中国人はどこの国にもたくさんいますからね。

小遣い与えれば簡単作業だしお金貰えればわりということ聞く民族性なので、声かけられた中国人は二つ返事で引き受けるでしょう。

またFBAを使わないで自社発送している会社の中には、虚偽発送して口コミ権利ゲット、primeの権利を獲得する会社もあるようです。

口コミを偽装

少し前に話題になりました口コミ偽装を、中国人はガンガンやってきます。

前項の大量発注をして、口コミの権利を大量に得ます。

そのあとアルバイト、もしくは自動記入ソフトを使って機械的に良い口コミを記入して、商品評価を高めていく。

悪い口コミを書いた人には、商品を無償化するから口コミを書き直す依頼が来たりするという情報もあります。

競合潰し

同じカテゴリーで売り上げやSEOが伸びている業者は、中国人は嫌がらせで潰してくるらしい。

  • 商品が届く前にキャンセル、口コミ権利使って悪評を書き込み
  • 商品開封しないでクレーム、悪評書き込みと商品費用負担させる
  • 虚偽住所を記載し注文、返送費用を負担させる

Amazon は発送が早いのは消費者には良い事ですが、対応遅れると業者側からキャンセルできずに費用負担する羽目に。

SEOが下がると商品もはけずに在庫費用もかさむので、退場せざるを得なくなるケースもでてきます。

nipuri

商品発送料が500円としても100個やられたら5万ですよ。。。。怖いよママン!

日本のAmazon規制強化は遅い

日本では大規模な規制の強化はされていないようです。

だって、Amazonは中国人が不正しても、痛くもかゆくも無いですからね。

口コミが操作されていようと、不当なキャンセルされようと、Amazonが損を被ることはない。

むしろ商品の流動性が上がればAmazonの実入りは良くなるし、送料だって余剰分が有ればそれはAmazonの利益になります。

一方本国アメリカはAmazonでの不正規制が早いらしいです。

規制を強化するなら、日本でも消費者側からも声を挙げるべきでしょうね。

でも購入者の日本人は素直で、レビューを疑うことなく買ってしまう人が多い。

規制強化すれば商品の流動性下がるのをAmazonは見抜いていて、あえて規制を強化していないのかもしれません。

nipuri

Amazon自体結構冷酷だって聞くからね。ちょっとは日本も規制してよ!

初心者にAmazon中国輸入品販売は無理ゲー

中国に駐在しているので、ある程度中国人の国民性は分かります。

お金のためなら、汚い方法を使います。

日本人の感覚で汚い方法でも、違法でなければガンガンその方法を使ってきます。これぞ、ザ・中国人。

まあ中国人が勝手に不正やる分には良いですが、売り上げにも影響して初期費用捨てることになるかもしれないし、いやがらせで無駄な出費費用を無駄に使わされるリスクは、個人業者にとってはちょっと無視できない。

商品の差別化図る為に、中国の業者と交渉してオリジナル商品を売る方法も有るらしいですが、売れる商品が分からない初心者にはちょっとハードル高い。センス無いと難しいでしょうね。

だからもし始めるなら、中国人の影響も少ないメルカリなど個人間取引の物販で、中国商品を取り扱った方が方が良いと思います。

つま

主婦もメルカリで稼いでる人、結構いるからね。中国品の輸入使っている人もいるみたい。私もやってみようかなぁ。

多くの売り上げは見込めないけれど、自分で商品仕入れて、在庫も自分で管理して、梱包から発送まで自分でやれば、物販の流れと基礎が掴みやすい。リスクが少ないところで物販を学んでから利益が大きく取れるAmazonに行っても遅くはないはず。

Amazonの中国輸入品販売の情報教材が多く出回っていますが、初心者の方は一回立ち止まって見て考えた方が良いでしょね。

なんて言ったって中国人だけじゃないですからね、敵は。その情報教材売っている物販歴長い人たちも競合になりますからね。

僕は、今の状態ではAmazonに物販で参加するのは無理ゲーだと感じました。物販の修行積んで様子見てから、もう一度考えてみようと思います。

 

ではまた!