4つの食材を4種の常備菜を最小工数で作る【単身赴任・一人暮らし】

4-kinds-standing-meal

今回は4つの食材で4種の簡単な常備菜の作り方をご紹介します。

使う食材はきゅうり、だいこん、たまご、にんじんの4種です。

私事ですが家族で中国駐在中でした。でもいまはコロナウイルスの影響で単身赴任状態。

nipuri

おそらくこのまま任期終わるまで単身赴任でしょうね、とほほ。

20年6月現在、中国の日本式食堂や日本式居酒屋も大体営業し始めました。

でも自炊し始めて思ったんですけど、あんまり外食はレベルが高くない。値段も高いし。自炊したほうが美味しいし、健康にもいいし、安い。

外食は料理や片付けの面倒がないのがメリットです。でも今回紹介する常備菜はレシピがすごい簡単。

4つのうち3つのレシピは袋使うので片付けも手間かかりません。最小工数で調理できます。

少しずつこういう料理覚えたら、単身赴任や一人暮らしでも外食に頼らず、健康に最低消費金額で生きていけそうです。

4つの食材を4種の常備菜を最小工数で作る

chinese-kitchin

中国は自炊文化が薄いので、ご覧の通りキッチンはごちゃごちゃして使いづらいです。気合いの入ったものは作りづらいのが実情。自炊するにしても、簡単なものを選択せざるを得ない。

同じように料理し辛い環境で生活する一人暮らし、単身赴任の方々に今回の記事が参考になれば幸いです。

では早速4種の常備菜のレシピについて、ご紹介していきます。

常備菜①:きゅうりのポン酢漬け

きゅうりのポン酢漬け:材料
  • きゅうり
  • ポン酢
  • ごま油

きゅうりを切ります。1.5㎝くらいの輪切り。

cut-cucumber

袋にきゅうりを入れて、ポン酢とごま油入れます。ポン酢:ごま油1:3くらいの比率。

空気抜いてきゅうり全部が浸る量であれば良いです。材料投入後、少し揉みます。

cucumber-ponzu-pickles

揉んだあと冷蔵庫に投入。2時間くらいから、味が染みて美味しく食べられます。

塩もみが必要ないので凄い楽です。1.5㎝くらいだとさっぱりとした味付け。味が濃い方が好みなら、切る厚さを調整してください。

冷蔵庫で3日は保存可能です。

常備菜②:だいこんの塩昆布漬け

だいこんの塩昆布漬け:材料
  • だいこん
  • 塩昆布
  • ごま油

大根を切ります。皮をむき、いちょう切りしてボウルに入れます。

japanese-radish-cut

水を出すため、大根に塩を少量振りかける。混ぜ込むように軽く揉み込んで15分くらい放置。出てきた水を切ります。

japanese-radishi-water-remove

大根、ごま油、塩昆布を袋に投入します。ごま油は大根10㎝につき、大さじ1くらい。塩昆布は4つまみくらい。

材料入れたのち、揉み込んでください。塩昆布が散りずらいので、少し入念にもみ込む。

japanese-radish-salt-konbu-pickles

写真は塩昆布入れ過ぎてます。でも味がしっかりついていて美味しい。味は塩昆布のみなので、濃い薄いは塩昆布の量で調整してください。

冷蔵庫に入れて3時間くらいから、おいしく食べられます。

日が経つとぬめりが出ますが、昆布からのぬめりなので、問題なく食べられます。冷蔵庫保存4日目でも美味しく食べられました。

常備菜③:味玉(めんつゆ)

味玉(めんつゆ):材料
  • たまご
  • めんつゆ

卵をゆでます。熱湯になってからたまごを入れて、ゆで具合の目安として6分で半熟、10分で固め。

boiled-eggs

今回ゆで時間は中間の8分としてます。茹で終わったら、速攻で流水で冷やす。冷え切ったのを確認して、卵を手で押しつつ転がして殻全体にヒビを入れて卵の殻を剥きます。

妻曰く、上手くゆで卵の皮をむくコツだそうです。

つま

そうよ。これぞ主婦の知恵よ。

めんつゆとゆで卵をビニール袋に投入します。めんつゆはたまごが被るくらい。

boiled-eggs-pickles

ただし、めんつゆをたまごが被る入れたつもりでも頭出しすることがあるので、時々転がして上下さかさまにします。満遍なく味が染みるようにする。

だいたい5時間くらいでいい感じの味になります。ちなみにうちのめんつゆは3倍濃縮。ほんのり味が染みてちょうど良いです。

1晩おいても思ったほど味の濃さは変わらないので、味の濃い薄いはめんつゆの濃縮倍率で調整するのが良いかと。もしくは一度煮詰める、塩を入れるなど。いろいろ試してみてください。

こちらも冷蔵庫で3日は保存可能。

常備菜④:にんじん明太子

にんじん明太子:材料
  • にんじん
  • 明太子
  • ごま油
  • 料理酒

これだけ唯一フライパン使います。ですが、作るの楽ちんなので紹介します。

まずにんじんの皮をピーラーで剥きます。皮ありでもOKですが、私はにんじんの皮の引っかかったような触感が苦手なので、皮は剥きます。

carrot-peel

その後にんじんを千切り。明太子も切り分けておきます。にんじん1本につき1/2腹くらいの量でOK。

carrot-and-mentaiko

フライパンを熱してごま油を大さじ1くらい入れて、にんじんを炒る。しんなりしてきたら明太子と料理酒を投入してさらに炒めます。

carrot-mix-mentaiko

明太子が全体に散れば完成。

carrot-mentaiko

明太子だけで十分味が付きます。程よい味の濃さ。もっと濃い味が必要な人は、明太子入れて炒めている最中に醤油を入れて調節してください。

常備菜のレシピが増えると一人の自宅ご飯が楽しくなる

4-kinds-standing-meal

紹介した常備菜は保存が効くので、多めに作っておいて少しずつ食卓に並べると飽きなくて良いです。栄養バランスも取れます。

食材を使わずに、気づいたら腐ってたなんて勿体ない事も有りません。捨ててしまうくらいなら常備菜にして、保存しておけばお金も浮きます。

味の濃さも、切り方や分量で調整できるので、箸休めやおつまみの用途に合わせて調整してください。

自炊し始めてから、在宅で迎える週末の晩酌がかなり楽しくなりました。

nipuri

1人なのに週末が待ち遠しくてしょうがないレベル。

常備菜はレシピを勉強して、また紹介していきたいと思います。

 

記事見てお腹が減ったら、イトーヨーカドーのネットスーパーで食材頼んで自炊してみてはいかがでしょう。最短4時間で家まで届けてくれます。嫁さん大絶賛。会社から帰宅したタイミングに合わせる事も可能。意外と買い物って体力使うので、上手く使ってみてください。

 

ではまた。